提出

申請は正しく送信されました

あなたのメールアドレスに通知が送信されました!メールアドレスにログインして、指示に従ってパスワードの手続きを完了して下さい

完了

最初の生物資源保護局の設立

日付:2018-05-11 表示:0

出典:北京日報

661a4a155cd413ecc4897a6b52e1cd5bc5.jpg


北京景勝地区協会は最近、十渡に環境保護、生態系復元、絶滅の危機にある種の救済を支援するために、同市初の生物資源(多様性)保護基地を設立した。

十渡は北京の黒鹳の唯一故郷であり、黒鹳は全国的に保護された動物で、世界で2,000頭、十渡で約40頭です。十渡には、多鳞铲颌魚、东方溥鳅魚、黄线溥鳅魚などの絶滅のおそれのある水生生物が数十種含まれています。川の中で数百の水生植物や魚やエビも保護されている。

十渡で「鳥類の家」の入口では、生物資源保護局が正式にかりたてされ、上記の "001番号"が明確に記されており、生物学的保護の緊急性をより多くの人が理解できるように生物資源保護の教育訓練拠点となる。 スタッフは景勝地での巡回検査を行い、動物の餌や川沿いのバーベキューを妨げます。

北京景観地域協会の鄭明坤会長によると、この都市の景勝地は、年間を通じて十数種の生物資源保護基地を建設するだろう。

戻る>>